オリジナルリキュール開発

こだわりの材料を使って、

あなただけの

オリジナルリキュールを製造いたします。

The Japanese Bittersの製造技術

リキュールは蒸留酒などに果実やハーブなどの植物成分、砂糖などの
甘味料を加えた「混成酒」です。 梅酒もリキュールのカテゴリーに
入ります。
当社では、「The Japanese Bitters」の製造技術を使用し、お客様が作りたいご満足いただけるリキュールを製造いたします。

最低保証ロット応相談

ご要望のオリジナルリキュールを大量の在庫をかかえる心配なく、お客様のご要望に添えるようにご提案させていただきます。まずはご相談ください。製造からボトリング、納品まで責任を持って行わせていただきます。
※ラベルにつきましてはお客様にて貼り付けをお願いいたします。
当社での貼り付けをご希望、印刷業者を紹介してほしい等ご気軽にご相談ください。

◆ラベル表記の記載について
オリジナルのお酒をつくり販売するためには、ラベルに酒税法で定められた内容を表記する必要があります。また、お酒の種類によっても表記する内容が異なってきます。 ラベル表記の記載方法についてもアドバイスさせていただきます。
»詳しい内容は、国税庁のHPをご確認ください。
その他、お気軽にお問い合わせください。

お取引について

リキュールに関することでしたら、どんなことでもお気軽にお問い合わせ下さい。スタッフが丁寧に対応させていただきます。こんな材料でつくりたいなどのイメージをお教え下さい。お客様よりご要望いただいたコンセプトに基づきロット、概算価格、納期等をご提示させていただきます。
ご相談いただいた内容にて商品企画、材料の選定、概算価格、製造期間等をご提案させていただきます。試作も可能です。その場合、試作に必要な原材料や資材の料金を請求させていただきます。お客様にご納得いただきましたら正式なお見積もりをご提出し、製造を開始させていただきます。
こちらからお気軽にお問い合わせください。

お酒の販売免許について

オリジナルで開発したお酒を販売する場合、どのようなお手続きが必要になるかを解説いたします。

◆お酒を販売するために必要な手続き
お酒を販売する場合、お酒は酒税法に基づき国で管理されているため、販売場ごとにその販売場の所在地の所轄税務署長から販売業免許を受ける必要があります。販売業免許を受けるためには、税務署長に販売業免許の申請書を提出しなければなりません。ただし、酒場、料理店その他酒類を専ら自己の営業場で飲用に供する業を行う場合には、販売業免許は必要ありません。

»詳しい、酒類販売に関する要件と申請方法は、国税庁のHPをご確認ください。

製造のご依頼/お問い合わせ

お問い合わせはこちら